切符・入場券 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/25 05:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
きゃみさん
  • 情報提供165系急行「佐渡」 きゃみの駅訪問きゃみさんのプロフィール
  • 今回の"懐かしの上野駅"は急行「佐渡」を紹介します。急行「佐渡」は、1956(昭和31)年11月のダイヤ改正に伴い、上野〜新潟間の昼行急行として運転開始しました。当時は上野〜新潟を5時間45分で運行したそうです。当初は客車で運転していましたが、1963年頃に新鋭の165系電車に置き換わりました。夜行便を含めてなんと8往復も運行していたそうです。ビュッフェ車も2両連結していたそうですね。80年代前半の頃、上野駅高架ホーム5番線の1

2位
青ポスさん
  • 情報提供201403 北斗星旅行 その1 「始まり」 青ポスの部屋青ポスさんのプロフィール
  • このブログに旅行のことを書き出したのは、3回目の鉄道旅行からだった。思えばあれが僕の旅行趣味の原点だった。学生生活も終わりに近づいたほか、ブログの方向性も少し変えていこうと思っているので、区切りとしてここで振り返りながら書いておこうと思う。---僕が初めて、今のように自分で旅程を組む鉄道旅を始めたのは、学部2回生から3回生にかけての春だった。寝台列車、ブルートレインに乗りたいと思い、はじめたてのアルバイ

3位
菅沼天虎さん
  • 情報提供ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 シャトルバス前売乗車券 菅沼天虎の紙屑談義菅沼天虎さんのプロフィール
  • 今年も毎年恒例の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の開催時期が近づき、7月20日から「茨城交通水戸駅前案内所」で勝田駅発と水戸駅発のシャトルバス乗車券の前売りが開始されましたので、早速購入してまいりました。 ◆勝田駅⇔国営ひたち海浜公園 今年はIbaraki Kotsu橙地紋券となります。 昨年から毎年開催年ごとにデザインの変わる、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」のロゴが印刷されるようになり、こちらも昨年からですが開催日が記
4位 Whatomさん
5位 菅沼天虎さん
  • 情報提供[東] ○ム下総橘から 鶴見ゆき 菅沼天虎の紙屑談義菅沼天虎さんのプロフィール
  • 昭和63年に成田線下総橘駅の乗車券類簡易委託発売所で発行されました、「[東] ○ム下総橘から 鶴見ゆき」の常備片道乗車券です。 東京印刷調製のJRE青地紋券となります。 下総橘から酒々井・東海道線経由での運賃は、大井町〜鶴見間が同額となりますので、着駅は「大井町 鶴見 間ゆき」と共通着駅表記となっても良さそうなものですが、「鶴見ゆき」の単独着駅表記となっています。 成田線下総橘駅は、駅が所在する東庄
6位 菅沼天虎さん
  • 情報提供(関西汽船) 別府港から 東京都区内ゆき 菅沼天虎の紙屑談義菅沼天虎さんのプロフィール
  • 昭和44年3月に関西汽船の別府港で発行されました、「別府港から 東京都区内ゆき」の乗車券です。 かんさいきせん青地紋券となります。 神戸港〜神戸駅接続の国鉄線連絡乗車券で、当時の関西汽船は国鉄線との連絡運輸を広範に行っており、関西汽船航路を介した本州〜四国・九州間の通過連絡運輸や、四国周遊券や九州周遊券の途中経路の選択肢にも含まれておりました。 この券の発駅の「別府港」は九州は大分県の別府港となり
7位 きゃみさん
  • 情報提供GW北陸駅巡り(21) 北陸本線 加賀温泉駅 〜富山から最終「かがやき」で東京へ きゃみの駅訪問きゃみさんのプロフィール
  • 勝山駅から折り返しで福井駅に戻ってきました。時刻は17時過ぎ、ここからは東京への帰路になります。福井からは北陸本線金沢行きに乗車です。車両は521系4連の最後尾クハ520-37、車内はガラガラ状態でした。列車は途中で特急追い越されのため長時間停車などしながら金沢に向かいます。加賀温泉駅でも14分ほどの停車時間があったので何とはなしに下車してみました。加賀温泉駅は石川県加賀市に所在する駅で、駅名のとおり加賀温泉郷
8位 Whatomさん
更新時刻:17/07/25 05:30現在