鉄道員 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/18 18:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
こうすけさん
  • 情報提供置き石より怖かった 電車屋さんだったころの話こうすけさんのプロフィール
  • その日は夕方から雨が降り始め、夜には本降りとなりました。私は普通列車を担当していて、空転と滑走に悪戦苦闘しながら運転していました。車輪とレールは金属同士ですから水がかかるとグリップせずに車輪が空回りしますし、ブレーキをかけると車輪の動きを一瞬にして止めてしまい、そのまま滑っていくことがあるのです。滑走のほうに関しては、電磁直通ブレーキなど昔ながらのブレーキのほうがコントロールしやすい気はしますね。

2位
こうすけさん
  • 情報提供しあわせさん こんぴらさん 電車屋さんだったころの話こうすけさんのプロフィール
  • こんぴらさん(金毘羅さん)こと金刀比羅宮は四国・香川県の琴平町にある海の守り神。2003年に「こころのふるさと 癒しの四国へ」というメインテーマで「四国デスティネーションキャンペーン」が開催されました。そのキャンペーンの一環として塗り替えられた車両だそうです。 2004年12月27日 岡山駅にて 115系の真っ黄色の車両は今ではたくさん走っているようですが(見たことはありませんが)そのハシリだったのかもしれないです

3位
こうすけさん
  • 情報提供車内閉じこめ 電車屋さんだったころの話こうすけさんのプロフィール
  • JR東日本の信越線で大雪により列車が進行できなくなり、運転再開までに15時間を要したということが報道されています。停車した付近まで車などで迎えに来てもらえた方は降りられたそうですが、そうではない方は延々と車内に閉じ込められていたそうです。ヒーターがあるので暖をとれますしトイレも付いている車両だったそうなので、やみくもに外へ出すより安全だとJR側が判断したそうです。 私が運転していた地域は、雪は降っても積
4位 ぽちたまさん
  • 情報提供1月9日 新京成干支ヘッドマーク掲出 ぽちたまの撮影日誌ぽちたまさんのプロフィール
  • 1月9日の撮影分。今年も新京成8800形に干支ヘッドマークが掲出されております。1月15日まで掲出される予定。8800形(8811-6〜8811-1編成) 新津田沼にて8800形(8811-6〜8811-1編成) 前原にて今年のヘッドマークは犬の2段重ねにミカンが乗っかって鏡もち風なイラストとなっております。8800形(8811-6〜8811-1編成) 三咲〜滝不動にて不安定な天候でしたが晴天カットも何とか撮影出来ました。最後に後打ちで撮影因みに以前から運行され
更新時刻:18/01/18 18:30現在